住宅購入には一体いくらあれば良いのか

購入予算将来的に持ち家をすることを考えている人にとって最初にするべき作業となるのが「いくらの物件なら買うことができるか」という計算です。

これから新しく住宅を作ったり買ったりするとなるといろいろな物件の情報を集めて比較していくことになるわけですが、いくら自分たちが気に入った物件を見つけたとしてもそれを購入するための資金を実質的に用意することができないということでは絵に描いた餅に終わってしまいます。

しかし住宅購入においてはすべてをいきなり現金で支払うのはごく稀であり、ほとんどの人が現在用意することができる資金に住宅ローンで借り入れできる金額を加えて購入にあてるお金を用意することになります。

そのため単純に「今あるお金で買う」ということではなく、自己資金に借り入れをする金額、それにその他親世代から援助してもらえる額を合計して考えていくことになります。

住宅購入をするときに一つの目安になるのが、その物件価格の2割を頭金として支払うことができるということです。

購入では必ず2割以上の頭金を求められるわけではないのですが、一般的には既に貯蓄額として2割くらいを貯めることができていればローンを完済することができるだろうという目安になります。

貯蓄額の全てを頭金にしない

逆に言えばほしいと思っている物件の2割を上回る金額を既に貯蓄することができているならその物件は十分購入可能範囲にあるということになります。

しかしそこで注意をしたいのが、ほしい物件の2割にあたる金額を貯蓄しているからといって、その全てを一気に購入にあててしまうのはとても危険であるということです。

住宅ローンは借入金が高くなるほどそこにかかる利息も増えてくるので、できるだけたくさん頭金で支払い借入金額を低くしておいた方が返済額が少なく楽に返すことができます。

だからといって少しでも借入金を減らそうと貯蓄額をゼロにするほどの勢いで支払いをしてしまうというのは、せっかくの新生活のスタートをつらいものにしてしまうことになります。

新生活を始めるときには家財道具を新しく買い直すとともに、新しい環境に慣れるための資金が何かと必要になってしまいます。

引っ越しはしたものの必要なものを購入することもできず毎月切り詰め切り詰めということではせっかくの新居生活のワクワク感も台無しになってしまいます。

頭金2割は理想ですが、無理をして捻出をして住宅のランクを上げることがないように新生活にも十分な資金を使うことができるかどうかということもしっかり考えて計算していきましょう。